2014年08月24日

『28の鉄則そのA』 ストップロス・オーダーを使いこなせ!

株を始めて、まだ2週間くらいしかたってないけど、100万円からスタートした投資で、もう4万円ほど利益が出て順調ね。

・・・チョーシに乗ってるニャ。

始めて2週間ということはまだ『損切り』は未経験ニャ?うまくいった経験が続けば続くほど、損切りをすることに対して抵抗ができてしまい、その結果、『あそこで損切りしておけばよかった・・・』ということが起きてしまうニャ。

『利食い千両、損切り万両』というほど、損切りには価値があるという格言まであるニャ。

さらに悪いのは、損切りができなかったことで、『いずれ元に戻る』、『もう少し待てば』というような考え方が生まれ、相場に対して、主観的な見方(都合のいいニュースばかり探してしまう)しかできなくなるニャ!

怖いニャ!

そうなる前に、『ここまで値段が下がってしまったら問答無用で損切り』という機械的なオーダーを常にセットしておくことで、感情に振り回されず、冷静な判断ができるのじゃ!
この損切り用の注文は、一般的には『逆指値』、『ストップロス・オーダー』という名前で多くの証券会社で設定ができるようになっているニャ。

いくらぐらいを損切りの幅にしておけばいいのかしら??

ここはやはり『28の鉄則 その@』の通り、1回の投資額の10分の1以下というのが良かろう。つまり、1回の投資で10万円ならば、損切りは1万円以下(10%未満)というところニャ。
posted by 子ネコと花嫁 at 14:45 | Comment(0) | ギャン理論 -28の鉄則- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

★☆ プロフィール ☆★

女の子 花嫁のあきちゃん :女の子
(飼いネコたちと一緒に株トレードを始めて約2年。)
◇得意料理・・・パンケーキ 
◇特技・・・ネコたちとおしゃべりできること♪

 大猫先生 :アビシニアン
(ベテラン猫で株のイロハを教えてくれる。お昼はふらりと出かけることが多く、夕方頃帰ってくる。)

 トラ吉 :茶トラ
(大猫先生の助手になりたいため、株について勉強している。基本的にまじめで研究好きな多方面卓越ネコ君)

 カール :アメリカンカール(アメリカ生まれ)
(同じく大猫先生について、株勉強中。トラ吉の弟分。茶目っけあふれ、実はけっこう酒豪?!)

 ニャンまる :マンチカン
(ネコたちの間で一番幼い子。株用語もまだよくわかっていない。食べ物への反応は人一倍ならぬ猫一倍。)

ジジ ジジ :クロネコ
(近所の宅急便屋さんからたまにふらりと遊びにきておしゃべりに加わる。どこでGETしてくるのか日経平均の動きも把握している。)