2014年12月14日

世界で一番美しいとされるお城♪

女の子昨日はよく眠れた?
ワインのおかげでぐっすりニャ。
女の子とりあえず朝ごはんね。これから毎日、ホテルの朝ごはんがあるのよ♪

・・ムニャ・・・ゴハン? 起きたニャ!
ニャンまるが「ゴハン」に反応したニャ。

20141212朝ごはん.png

女の子これから、世界一美しいお城といわれている 『ノイシュバンシュタイン城』 に行くのよ♪
  ノイシュバンシュタイン城について少しおさらいね!

『ノイシュバンシュタイン城』

バイエルン王ルートヴィヒ2世によって19世紀に建設された城。白鳥城と言われている。
近隣に、ルートヴィヒ2世が幼少時代を過ごし、彼の父親が所有していたホーエンシュヴァンガウ城がある。ルートヴィヒ2世は中世騎士道への憧れが強く、これを具現化するようなロマンティックな城を造ることを決意したことから1869年に建設が始まった。17年後には居住できるところまで完成したものの、王室公債を乱発して建設費用をまかなっていたため、バイエルン政府によりルートヴィヒ2世は王として統治不能と判断され、ベルグ城に軟禁された。このため、ノイシュバンシュタイン城にルートヴィヒ2世が住んでいた期間はわずか100日程度だった。

ルートヴィヒ2世は歌劇家ワーグナーの創作する楽劇の世界に酔いしれ、王はワーグナーに膨大な額の援助を施した。ノイシュバンシュタイン城の城内は、ワーグナーの作品の中の一場面を模した装飾などが取り入れられており、「ヴィーナスの洞窟」と名付けられた人工の洞窟までも造られた。

お城まではどうやって行くニャ?
女の子麓からバスで10分くらいで行けるのよ。でも、「馬車」にゆられていくこともできるのよ!あ〜馬車乗りたい!!
・・・バスが来たニャ。

ノイシュバンシュタイン城行きのバスに揺られること10分・・・
20141212ノイシュバンシュタイン城行きバス.png



女の子城の南側にある、ペラート峡谷にかかるこの「マリエン橋」というところから見るのが綺麗らしいわ。

マリエン橋から眺めたノイシュバンシュタイン城
20141212ノイシュバンシュタイン城その1.png

さすが立派なお城だニャ!!雲海に泳いでいる白鳥のようニャ!
美しい・・・ニャ・・・・
わー!きれー\(^▽^)/

女の子マリエン橋付近のその他の写真。上段中央がマリエン橋ね。
右の立て看板には、Marienbuckeって書いてあるニャ。

20141212ノイシュバンシュタイン城その2.png


posted by 子ネコと花嫁 at 00:00 | Comment(2) | 旅行☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜懐かしいなぁ
また行きたくなっちゃった

マリエン橋からノイシュバンシュタイン城を写す時
あの吊り橋を進むと縦揺れして、私はかなり怖かったです。
怖くなかったですか〜?
写真キレイに撮れてますね!
続きが楽しみです♪
Posted by とし華 at 2014年12月14日 20:50
>とし華さん
こんばんは!
あの橋、結構高かったですよね〜!
ちょっと怖かったですね(>_<)
でも、絶景の感動が強かったです!\(^▽^)/
ステキでした★

PSニャンまるは怖がってたみたいでしたけどね〜(笑)
Posted by 子ネコと花嫁 at 2014年12月15日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

★☆ プロフィール ☆★

女の子 花嫁のあきちゃん :女の子
(飼いネコたちと一緒に株トレードを始めて約3年。)
◇得意料理・・・パンケーキ 
◇特技・・・ネコたちとおしゃべりできること♪

 大猫先生 :アビシニアン
(ベテラン猫で株のイロハを教えてくれる。お昼はふらりと出かけることが多く、夕方頃帰ってくる。)

 トラ吉 :茶トラ
(大猫先生の助手になりたいため、株について勉強している。基本的にまじめで研究好きな多方面卓越ネコ君)

 カール :アメリカンカール(アメリカ生まれ)
(同じく大猫先生について、株勉強中。トラ吉の弟分。茶目っけあふれ、実はけっこう酒豪?!)

 ニャンまる :マンチカン
(ネコたちの間で一番幼い子。株用語もまだよくわかっていない。食べ物への反応は人一倍ならぬ猫一倍。)

ジジ ジジ :クロネコ
(近所の宅急便屋さんからたまにふらりと遊びにきておしゃべりに加わる。どこでGETしてくるのか日経平均の動きも把握している。)