2015年11月22日

『28の鉄則その(24)』 利益確定後の売買こそ慎重に。

株式やFXの投資は、1回の売買だけで終わらないニャ。だからこそ、取引での勝ち負けと同じくらい、資金管理の方法をしっかり決めておくことが重要になってくるニャ。

あきちゃんはどちらかというと保守的な考え方だから、大勝負することはないニャ?

どうかな〜?・・・。でも気付いたら口座内の資金には全く余裕が無く、全額投資に回してしまっているわね・・・

歴史上、相場の世界で大勝負を繰り広げてきた伝説的な相場師と言われる人たちでも、何度も破産したという例がいくつもあるニャ。投資で儲かった利益を投資に回していくことで、利益をどんどん増やしていく事が出来るなら越したことはないニャが、やはりそううまくいかないのが投資の世界だニャ。

調子がいい時には、どうしても取引量を増やしたくなるニャが、慎重に行わないといけないニャ。

ウム。ギャン理論では、手元の資金が2倍になったら取引量を2倍にするのは問題ないが、それまでは取引量を増やすべきではない、と言っているニャ。あと、すべて投資に資金を向けるのではなく、利益の一部は安全な金融資産へ一部移すことも検討すべきだニャ。

資金の管理方法として、他にもギャン理論の中に鉄則があるニャ。(一例)

・『28の鉄則その(11)』 株で儲かった利益を株で失わない!

背伸びせずに、焦らずじっくり増やしていくようにしないとね!
posted by 子ネコと花嫁 at 07:00 | Comment(0) | ギャン理論 -28の鉄則- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

『28の鉄則その(23)』 手仕舞いの判断は?

含み益がある銘柄って、どのくらいの利益で決済したらいいかなぁ〜?

また下がった時のことも考えたら、今のうちに決済してしまうのもアリだニャ。

決済のタイミングとしては、迷うところだニャが、その銘柄のトレンドを見る限り、上昇の流れは崩れていないようだニャ。ギャン理論のいう、『トレンドが変わる明確な兆候が無い限り、手を引いてはならない』という理論に従うなら、ここはまだ決済するタイミングではないようだニャ。

そうね。大猫先生がそういうなら、もう少し様子を見てみようかな。

ギャン理論では、『十分な理由なく、ポジションを変えてはならない』ということを重視しているニャ。その十分な理由に値するのが、トレンド変調の兆しであるということだニャ。

ギャン理論の中で、手仕舞いのポイントとしている理論は他にもあるニャ。(一例)

・『28の鉄則その(10)』 相場も出口戦略が大事!
・『28の鉄則その(19)』 値ごろ感で買ってはならないし、売ってはならない

ギャン理論では、『自分の決めたルールに従って売買を行うこと』がとにかく大切であることを言っているニャ。

「ルールに従うことができない人は投資や投機をやめた方がいい、失敗に終わることが見えているからである。道は一つ、ルールを厳格に守るか、全く守らないかである。」
 (W.D.ギャンの著書 「株価の真実」より)
posted by 子ネコと花嫁 at 07:00 | Comment(0) | ギャン理論 -28の鉄則- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★☆ プロフィール ☆★

女の子 花嫁のあきちゃん :女の子
(飼いネコたちと一緒に株トレードを始めて約3年。)
◇得意料理・・・パンケーキ 
◇特技・・・ネコたちとおしゃべりできること♪

 大猫先生 :アビシニアン
(ベテラン猫で株のイロハを教えてくれる。お昼はふらりと出かけることが多く、夕方頃帰ってくる。)

 トラ吉 :茶トラ
(大猫先生の助手になりたいため、株について勉強している。基本的にまじめで研究好きな多方面卓越ネコ君)

 カール :アメリカンカール(アメリカ生まれ)
(同じく大猫先生について、株勉強中。トラ吉の弟分。茶目っけあふれ、実はけっこう酒豪?!)

 ニャンまる :マンチカン
(ネコたちの間で一番幼い子。株用語もまだよくわかっていない。食べ物への反応は人一倍ならぬ猫一倍。)

ジジ ジジ :クロネコ
(近所の宅急便屋さんからたまにふらりと遊びにきておしゃべりに加わる。どこでGETしてくるのか日経平均の動きも把握している。)