2015年07月19日

『28の鉄則その(18)』 空売りを厭わない

トレンドに従って利益を追求することが大切であることは、ギャン理論の中でも何回も出てきたにゃ。

そうね。相場のトレンド(流れ)に逆らった取引は、どこまでも損失が膨れ上がってしまうのよね・・・

保有ポジションのようにニャ!

うう・・・

ところで、今は現物取引のみでトレードをしているようニャが、相場は上がるか下がるかで利益を狙うモノである以上、下げのトレンドというものも当然存在するニャ。下げのトレンドがある程度読めるにも関わらず、現物取引では、買いから入って売る、という方法しかないニャ。

そうなのよね・・・あくまで上がるトレンドでしか利益が取れないのよね・・・

ウム。そこで利用されるのが『信用取引』だニャ。信用取引は、下がることを見越して、先に売りから入ることができるのニャ!

聞いたことはあったケド、なんか追加でお金が必要になったり、下手すると投資した金額以上の損が出るとか、怖いのでやろうと思わなかったわ・・・

信用取引の基本的な仕組みは以下の通りニャ。

@信用取引では、資金の約3倍の取引ができる
 100万円の現金(保証金)を元手に、約300万円の株まで投資できる。また、保有している現物株も担保として使える。現物株
 自体に値動きがあり、価値が変動してしまうため、担保力は現金より低目に設定されている。

A相場が下がる局面でも利益を狙える「空売り」ができる
 空売りは、相場が下がると予測した時に、先に株を売っておき、下がった後に買い戻しを行うことで利益を出せる。

B手仕舞うまでの期日が設けられている(制度信用取引)
 新規取引から6カ月までに手仕舞う必要がある。6カ月を超えると強制返済が行われる。

C追加保証金(追証:おいしょう)がかかることもある
 含み損が膨らんでくることで、担保力(保証金)が減ってきた場合、ある一定の水準を割り込むと追加で資金が必要となる。

D利益金、損金のみを受け渡しする差金決済が認められているため、同日・同資金で、同じ銘柄を何回でも売買できる
 現物取引では差金決済が認められていないため、同日・同資金で同じ銘柄を売買できるのは1回転までとなっているが、
 信用取引ではそのルールは適用されないため、何回でも売買が可能。


資金の管理方法が現物のみの時と比べて難しくなるニャが、それができるのなら、今後の運用に取り入れてみるのもアリだニャ!

なんかすごくギャンブル性が高くなってくるね!含み損が消えたら考えてみようかな♪

ところで、上がるか下がるかということではもっと単純な取引として、外国為替証拠金取引(FX)を始めてみるのも一つだニャ。

為替相場は毎月、雇用統計でチェックしているニャ!

そうね。少額でやりはじめてみようかな♪


その他のギャン理論はこちらニャ!⇒ 相場で守るべき28のルール ―ギャン理論―
posted by 子ネコと花嫁 at 10:08 | Comment(0) | ギャン理論 -28の鉄則- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

『28の鉄則その(17)』 ひっきりなしの売買を慎む

ネットでの取引が主流になってから、手数料のことはあまり気にしなくなってきてるニャが、では実際、手数料はどのくらいかかっているか把握しているニャ?

う〜ん・・・ただ安いからあんまり気にしたこと無かったなぁ。

まぁ、気にならないくらい手数料が安いのはなによりニャが、それをいいことに頻繁に売買をくりかえすのは良くない、とギャン理論では言っているニャ。

『28の鉄則その(3)』でも同じようなことを言っているニャ。

ウム。ただ、このルール17は、単に手数料のことを言っている以外に、もうひとつ大事なことを言っているニャ!

え?ナニナニ?
ニャニャ??

『目先の売買に注視するあまり、大きなトレンドを見誤ってしまうという』ことにゃ。本当に大きな波動がやって来た時に波に乗り損ねる危険があるということニャ。
あと、頻繁に売買をするということは、常にポジションをとっていることになるから、キモチに余裕がない状態が続いていることになるニャ。ポジションが無い時のような冷静な判断ができなくなるニャ。

機会を逃すまいとしてやっていることが、実はもっと大きな機会を逃していることになってしまうのニャ。
posted by 子ネコと花嫁 at 15:16 | Comment(0) | ギャン理論 -28の鉄則- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★☆ プロフィール ☆★

女の子 花嫁のあきちゃん :女の子
(飼いネコたちと一緒に株トレードを始めて約3年。)
◇得意料理・・・パンケーキ 
◇特技・・・ネコたちとおしゃべりできること♪

 大猫先生 :アビシニアン
(ベテラン猫で株のイロハを教えてくれる。お昼はふらりと出かけることが多く、夕方頃帰ってくる。)

 トラ吉 :茶トラ
(大猫先生の助手になりたいため、株について勉強している。基本的にまじめで研究好きな多方面卓越ネコ君)

 カール :アメリカンカール(アメリカ生まれ)
(同じく大猫先生について、株勉強中。トラ吉の弟分。茶目っけあふれ、実はけっこう酒豪?!)

 ニャンまる :マンチカン
(ネコたちの間で一番幼い子。株用語もまだよくわかっていない。食べ物への反応は人一倍ならぬ猫一倍。)

ジジ ジジ :クロネコ
(近所の宅急便屋さんからたまにふらりと遊びにきておしゃべりに加わる。どこでGETしてくるのか日経平均の動きも把握している。)